「グループホーム」は平成12年度から開始された「介護保険」によって
 新たに始められた制度です。
 利用できる方は介護保険の適応を受けられる軽度の認知症のある方です。

なごみ筒井では、スタッフが入居者9人の方の食事の支度や掃除、洗濯などを
 共同で行い、1日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で
 生活を送ることにより、ご本人の能力に応じて自立した生活が出来るように
 します。

経費の大部分は介護保険で賄われますが、入居者は、食費・家賃・日常に
 要する経費の他、介護保険の1割をご負担いただきます。

運営については、国の定める基準に従い、管理者・計画作成担当者の
 専門職員の配置が義務付けられ、市町村の調査が定期的に行われます。

認知症のお年寄りのケアをよく知っている顔なじみの職員が
 生活を共にしながら見守り支えます。

町に出て、地域の人や自然とふれあいながら普通の暮らしをします。

これからの「高齢社会」では、認知症の方も増加するものと考えられますが、
 「グループホーム」はご本人の為にも、またご家族の方々にとっても
 お役に立つ制度です。




認知症があり、介護保険の要介護『1』以上の認定を受けている方。

共同生活に支障がなく、自傷他害のない方。

認知症専門医の診断書を提出いただける方。


要介護とは、原則として6ヶ月以上継続して入浴・排泄・食事などの
日常生活動作について常時介護を要すると見込まれる状態です。

要介護度 状 態 区 分
要介護1 生活の一部について部分的介護を要する状態。
要介護2 軽度の介護を要する状態。
要介護3 中度の介護を要する状態。
要介護4 重度の介護を要する状態。
要介護5 最重度の介護を要する状態。




なごみ筒井では、ケアマネージャー、ホームヘルパー、介護福祉士等の資格を有し
 介護現場で3年以上の経験があり、かつ所定の講習を受講終了した
 介護専門職員が管理責任者となってチームワークを組みます。

入居される方の3名に対し、専門スタッフが常時1名以上でお世話いたします。

スタッフは8時間労働として、延べ6名、当直夜勤1名合計7名が24時間
 9名の方と共同生活を行います。